ヒバリが鳴いているので、空を見上げる。黒い点が見えた。と思うや、真っ逆さまに落ちて、見えなくなります。

このヒバリの鳴き声を聞いて、いつも春の到来を実感。晴れた午後の川原です。

犬のダンクを連れて、土手の上を散歩。菜の花と遠山がよく似合い、桜樹と青空も好きな風景。

白い木蓮と青空もいい。いろんな花を見せてくれる春。

何もかも始まるというから、春というわけでもなく、ひとつの季節として受け止めたいもの。スプリングとはうまく言ったものですね。けれど、風もなく、静止した春もあってもいいか。

写真を撮ったので、ご覧ください。

CIMG2607

IMG_0070

IMG_0068