剣町柳一郎の日々のつぶやきや愛読書、歴史エッセイなど楽書きしていきます。
日々の楽書帳
  • HOME »
  • 日々の楽書帳 »
  • 詩人への手紙

詩人への手紙

メダカを飼う

そうだ、メダカを飼おう。メダカは身は小さいが、 逆境にめげずに強い。小川に居るのは、黒メダカ。 誰が生徒か、先 …

めだか

夢二とモジニアリ

金沢湯涌夢二館へ行く。 イベントで、江戸端唄が歌われるということで 聴きに行く。深川くずし、江戸祭が良かった。 …

夕顔の頃。

雨が降る夕暮れ、夕顔が咲いた。 本当に胡粉で描いたような白さだ。 源氏物語に、その名が出て来る夕顔。 なるほど …

IMG_0409

なんという暑さだ。秋山駿。

連日、35度に届く暑さ。 家の中に引き蘢っている。夕暮れの犬の散歩もサウナにいるような感じで、 息が苦しくなる …

九十歳が歌う一首

出版されたばかりの歌集「藪柑子」をひらく。 歌った老短歌師は齢九十。大正十一年生まれで太平洋戦争に従軍。 四十 …

藪柑子本

須恵器に刻字、日本最古。

近くの古墳群、和田山古墳群で出土された壷に「未」と刻まれ、 高杯には「二年」の字が刻まれていたことが、先日発表 …

彼岸花
Copyright © Ryuichirou Tsurugimachi All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.