剣町柳一郎の日々のつぶやきや愛読書、歴史エッセイなど楽書きしていきます。
日々の楽書帳
  • HOME »
  • 日々の楽書帳 »
  • 気ままに読書

気ままに読書

「背梁山脈」乙川優三郎著 新潮社

細やかな男女の会話を書かせたら、絶妙な巧さの乙川優三郎氏。 氏が初めて挑んだ現代小説だ。時代小説ひと筋だったこ …

「怪憂伝・三國連太郎」 佐野真一著 講談社

三國連太郎という日本映画史上まれに見る男優を通しての監督論、俳優論でもある。「怪憂伝・三國連太郎、死ぬまで演じ …

浅田次郎「一路」 中央公論新社

田名部七千五百石の旗本である蒔坂左京大夫の、師走に入ってからの参勤交代の物語。参勤交代は戦場への行軍である。雪 …

「陽子の一日」 南木佳士 文藝春秋

過疎地の村で生きる女医が過去を振り返りながら、今を生き続ける日々を描いている。つきあった男との間に出来た子のこ …

「影法師」 百田尚樹著 講談社文庫

藤沢周平の「蝉しぐれ」、葉室麟「銀漢の賦」のような成長小説かと思いつつ、読み始めたが、どこかで氏ならではの言葉 …

「この君なくば」 葉室麟著 朝日新聞出版

日本語の美しさにあふれる文章に瞠目させられる。失礼であるが…競馬にたとえれば、スタートから第四コーナーまでが長 …

「千鳥舞う」 葉室麟著 徳間書店

葉室氏は直木賞受賞以来、執筆の速度が急に早くなった。ずいぶんと原稿を書き溜めてあったのだろう。矢継ぎ早に、佳品 …

「等伯」 安部龍太郎著 日経経済新聞出版社

正直言って、上巻はなかなか先に進まず、エンジンのかかりが遅かった。読み終えてから、妻の静と養父母をていねいに描 …

Page 8 / 9«789
Copyright © Ryuichirou Tsurugimachi All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.