剣町柳一郎の日々のつぶやきや愛読書、歴史エッセイなど楽書きしていきます。
日々の楽書帳
  • HOME »
  • 日々の楽書帳 »
  • 気ままに読書

気ままに読書

クライマーになった気分で。

冬のマッキンリーを登攀する津田登。 北東カヒルトナ氷河を越えて、カシンリッジを抜けて マッキンレー南峰へ。津田 …

この春、用意されていた本。

桂の木も芽吹きだし、雪柳が白い花を垂れている。 登場するのは、有川伊也と初音の姉妹。 弓の名人、樋口清四郎。謎 …

土佐ミズキがふくらむ。

庭の土佐ミズキが黄色い小花をふくらませている。 小雨が降る中、森は霧でうすく煙っている。 「五峰の鷹」安部龍太 …

櫛挽道守は木曽の山中に。

時代は嘉永、安政から文久、元治、慶応へ。 櫛の歯を挽くように、ゆっくり、ゆっくり、話は進む。 ドラマティックな …

満州国演義のこと

昨日は建国記念日。戦前の「紀元節」にあたる日。 紀元節は『日本書紀』が伝える神武天皇の即位日として定めた祭日。 …

直木賞受賞作品「恋歌」を読む。

本日は雪がどっさり。気温はマイナス3度。 この北陸では珍しく、湿気を含んだ雪でなく、粉雪が積もりました。 除雪 …

CIMG3006

寒い日に読む「独り群せず」北方謙三著。

朝起きたら、いちめんの雪。 寒いのなんの。冬将軍が襲って来て、今日は吹雪くとか。 五年ほど前に一度読んだ小説だ …

「潮鳴り」を読む。

今年はとりわけ雷が鳴り響く。雪も多そうだ。 葉室麟著「潮鳴り」を読む。 「蜩ノ記」の続編ともいえるが、堕ちた男 …

Page 6 / 8«567»
Copyright © Ryuichirou Tsurugimachi All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.