剣町柳一郎の日々のつぶやきや愛読書、歴史エッセイなど楽書きしていきます。
日々の楽書帳
  • HOME »
  • 日々の楽書帳 »
  • こんな風景があった

こんな風景があった

ホットケーキの逆襲

最近、ホットケーキを目玉にしている喫茶店、いやカフェが市内に増えて来た。 それも柔らかくて、生クリームをたっぷ …

ピンク・フロイドを聞いた頃

春の午後に、ピンク・フロイドを聞く。「原子心母」はロックだけれども、なんとも言えない世界をもたらしてくれる。な …

不死身の特攻兵

戦死の報が二度届けられ、村あげて盛大な葬儀がおこなれたが、とうとう生きて復員した男、佐々木友次さん。二度、軍神 …

推理しながら読む

雪冤 この言葉は恥ずかしながら、本を読むまで知らなかった。 「せつえん」と読む。無実の罪をすすぐこと。身の潔白 …

新しい解釈は発見だ。

長谷川櫂さんの講義に出る。 ぼーっとした時、放心している時に、句作ができるものだという。 それは宇宙を見ている …

夏去りぬ。いざ生きめやも。

盆が近づくと、つくつく法師が鳴き出した。 連日の猛暑だが、もうすぐ夏も終わりだろう。 このところ、日本は亜熱帯 …

海月、水母はクラゲ

久しぶりでブログを書く。ぷかぷか浮かんでいるクラゲ。旧盆が過ぎると、海水浴場に近づき、チクリと網状に刺すクラゲ …

翆色の目玉。

この田舎ではオウマトンボとは、 図鑑で見るオニヤンマのこと。 能登ではオコニと呼んでいた。 なかなか素早くて捕 …

Page 1 / 1012»
Copyright © Ryuichirou Tsurugimachi All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.