剣町柳一郎の日々のつぶやきや愛読書、歴史エッセイなど楽書きしていきます。
日々の楽書帳
  • HOME »
  • 日々の楽書帳 »
  • こんな風景があった

こんな風景があった

新しい解釈は発見だ。

長谷川櫂さんの講義に出る。 ぼーっとした時、放心している時に、句作ができるものだという。 それは宇宙を見ている …

夏去りぬ。いざ生きめやも。

盆が近づくと、つくつく法師が鳴き出した。 連日の猛暑だが、もうすぐ夏も終わりだろう。 このところ、日本は亜熱帯 …

海月、水母はクラゲ

久しぶりでブログを書く。ぷかぷか浮かんでいるクラゲ。旧盆が過ぎると、海水浴場に近づき、チクリと網状に刺すクラゲ …

翆色の目玉。

この田舎ではオウマトンボとは、 図鑑で見るオニヤンマのこと。 能登ではオコニと呼んでいた。 なかなか素早くて捕 …

薔薇庭園

近くのK邸の薔薇が見事だと言う話が出て、 家人と見に行くと、午前の眩しい日差しを浴びて、 赤、黄色、ピンク、白 …

DSC02274

すごい、ぬいぐるみたち

今朝から夏のように暑い。ぬいぐるみの個展に行く。 テーマは「白い街、黒い街」。 『ドシン、ドシン、頭の中に旅す …

絵師小次郎の物語。

読んだのは、北方さんの加賀の守護・富樫正親のもう少し、時代は下がる。 富樫家の最後の晴貞の頃の話であった。志野 …

「魂の沃野」を読む。

北方謙三さんの歴史物は以前読んだ「独り群せず」で惹かれていた。 今、新たに「魂の沃野」をよみ、なるほど歴史はホ …

Page 1 / 1012»
Copyright © Ryuichirou Tsurugimachi All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.