「風と緑の楽都・音楽祭が金沢の音楽堂で行なわれた。

今回は、モーツァルトだった。

クラリネト五重奏曲、クラリネット協奏曲を聴きにいく。

クラリネットはヴェンツェル・フェクスト、ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団。CDでしか聞いたことがなく、その音色に家人は最初の音が出た時に肌が粟立ったと言う。心が揺すぶられたのだろう。

奏者のヴェンツェル・フェクストが緩急をつける。

よかった。堪能できた。

モーツァルトといえば、いつもは明かるすぎるような気がするが、

クラリネットの哀調の響きは黄昏時のイメージだ。

しかも、音楽は一度きりで、音は帰ってこない。

その意味で、音楽は絵画や文学以上に本当の芸術だと思う。

ただ、田舎者で演奏や楽器に縁がない自分にとっては、

小さいと思っていたクラリネットが意外と大きいのに驚いた。

IMG_2330-1