三日前から、蜩が鳴き出した。
ノウゼンカズラの橙色の花が咲き出すのと同じ時期だ。
以前、蜩の声を聞いた娘が、
あれは鳥が鳴いているの?と訊いた。
そういえば、蝉の声というよりも鳥のようでもある。
何にでも疑問を持つことはいいことだ。
常識というものに囚われないこと。
それがものを見つめる真の目なのかもしれない。
政治がどんどん劣化していく。
テレビもお笑いタレントで安くあげている。
夫婦で罵り合うタレント。全てが劣化していく。
これじゃ、お先真っ暗だね。
と言って、誰もが腰をあげるでもなし。
関係が音を立てて錆び付いていく。
考えてみれば、
何にでも疑問を持つことを忘れてはいないだろうか。
常識というものに囚われてしまっている
ことに気づき、ハッとする。