春のピクニックに行く。いつもの場所のソメイヨシノはもう散っていたが、
素敵な場所を見つけました。ピンクの花弁が何十枚もある菊桜が満開の下。
昨秋に続く、恒例のピクニック。イタリアのシャンペンとフランスのワイン、
サンドウィッチで、会話が弾む。私、運転手は水をいただくだけ。
蝶の話、修学旅行で米を持参したこと、物忘れがひどくなったことが話題に。
その後、Nさんのお宅にお邪魔して、窓一面の新緑の雑木林にしばし陶然。
皆さん、酔いがさらに回ってきたようだった。
いい会話は何よりも贅沢で、いちばん美味しいとつくづく思うのは、私だけだろうか。
菊桜が満開の下には、明日が埋まっている。

DSC01629のコピー