読んだのは、北方さんの加賀の守護・富樫正親のもう少し、時代は下がる。
富樫家の最後の晴貞の頃の話であった。志野靖史「信長の肖像」。
主人公は狩野小次郎。京の狩野松栄、永徳に修行するように、晴貞から言われ、
加賀の大乗寺を出る小次郎。雪舟流を学び、立体的な似せ絵(似顔絵)を
描く。永徳とは違った手法の絵である。信長に褒められる。
信玄、家康、お市、浅井長政、永姫、前田利家などを描く。
信長の生きたさまとともに、ストーリーは進行する。
絵に対する思いや出自がからまり、偶然を生かしつつ、
まるで絵を仕上げるように小説が仕上げられる。
安土城、大坂城に収められる永徳の絵を手助けする。
永徳の反対の志を見せながらも、永徳の個性を描くでもなく、
信長の勘気も出ず。つまり、歴史上の人物を
上手にとりあげ、誰を憎むのでもなく、悪人らしい人も登場せず。
その素直さといおうか、良心的な文体とストーリー運びに作家の心が見える。
画法に精通した文章も、作者が漫画家であることもうかがわせる。