拳銃を撃ちたい若者を描いた、米沢穂信「満願」を読む。

とりわけ、「夜景」と「満願」が良かった。

心の動きが上手に描写され、ストーリーに苦労しつつ

書いたなと思わせる。先にネタを仕込んだという感じがした。

書くに従って、ストーリーが変わって行った感じではない。

氏は四十歳だが、もう少し歳をとっているかなと思わせた。

彼の作品を読みつつ、つくづく謎には物語に引き込む力があるなと思う。全ての小説はそうあるべきで、その中で感

動という通俗的なものを生じさせるのが名作と呼ばれるに違いない。

感動って、横から上から見ても安っぽい言い方だね。

だから、そんな表現をしてしまったのだが。

どこにでもいる若者が普通に起こす事件に気がついた短編集だった。

そこがいいのだろう。小説に奇抜さはいらない。