哀悼 葉室麟さん。
氏の最後の歴史小説『玄鳥去りて』を読む。
武士の刀は我が命より、大切な人を守るものが主題。
藩政で、いづこの派閥に着くかが、男の人生を左右する。
衆道と蔑視と剣術の技を描く男たち。秘剣「鬼砕き」で
相手の刀を折る樋口六郎兵衛、獰猛な牛も一太刀で斬り殺す。
その兄弟子の六郎兵衛に鍛えられて、大人しく、美しい三浦圭吾。
共に、正木道場の天狗と隼と呼ばれるようになる。
家老の沼田派と今村派に、殿を影で守る梟衆が三つ巴で闘争する。
「樋口は剣に優れているだけで、礼儀も学問もなし。
我が班の厄介者よ」という主君に「目立ったご奉公は
できませんでしたが、篤実の士で、さような藩士も
いなければならぬと存じます」と答える圭吾。
六郎兵衛の人への思いの深さを知る圭吾。
読みながら、藤沢周平の『玄鳥』と比較していた。
葉室氏も前をゆく藤沢周平を意識して書かれたに違いない。
玄鳥は「つばめ」のことだが、つばめは巣立つと元の
巣には帰らない鳥なのだろうか。
久しぶりに読んだ葉室麟氏にしては「空いた本」だった。
もっと緻密な文章を書く作家だったはずなのに、
主題を追いかけるエンタメばかりが出ていた。多作過ぎたようだ。
病で思うように書けなかったようにも思える。
一つ言えば、物語が走っているのは確かだ。
まるで、素早く飛ぶ玄鳥のように。