鴎外の「雁」のお玉の妾宅があった「無縁坂」を調べているうち、
本郷周辺の坂や町に、今さらながらに興味を持った。
さだまさしの歌「無縁坂」からではない。
暗闇坂、菊坂、妻恋坂、団子坂、蛍坂、動坂。
その名から、界隈のイメージが湧いて来る。
森川町や千駄木、湯島から旧帝大の赤門へ。
漱石の「三四郎」が歩いた道を地図でたどって行く。
森まゆみ著の「鴎外の坂」を読む。本には、
坂だけの話ではなく、鴎外が接した女性が三人でてくる。
子どもたちにそそがれる鴎外の眼差しも描かれている。
鴎外の意外な面も知り得た。
出世を願う明治のエトスは、彼に集まる。
母と妻、子に挟まれた父・森林太郎は慚愧の中で生きようとしていた。
母と嫁の関わり、鴎外を追いかけて来た独逸女性。
妾ながら、母に親しまれた女性。
女性に苦しまれながらも、因業の深さをしる鴎外であった。
森まゆみは「彰義隊」「円朝ざんまい」で、
わたしが魅せられて来た作家だ。知りたいことを本にしてくれている。
できれば、森川町など、時代を逆行して歩きたいものだ。
ひょっこりと着流しの鴎外や漱石、鏡花、啄木、夢二たちに会いそうだ。
ともあれ、今、「縁切坂」と呼ばずに「無縁坂」と
なぜ呼ばれたのかと考えている。