そうだ、メダカを飼おう。メダカは身は小さいが、
逆境にめげずに強い。小川に居るのは、黒メダカ。
誰が生徒か、先生か。メダカはいいぞ。
採りにいくつもりだったが、今年も川の水が濁って、
田の小川もすべて濁っているので、メダカはいない。
しかたなく緋メダカを10匹買って来た。一匹30円。
黒メダカは80円もする。子どもの頃に、日本手拭いで
両端を結んで、そっと川底に入れて掬いとったものだ。
遊びが尽きると、よく用水に出かけて、
何匹でも採っていたのに。
それにしても、硝子鉢は緑の藻を水面に写して綺麗だ。

medakaのコピー

庭に置いてある大火鉢の中の金魚は冬を越すことができた。
今、水蓮も葉を広げ、茎も伸びてきた。
はたして、花を咲かせてくれるだろうか。
ボウフラを食ってくれる金魚。
小さなアオガエルもいる。時折、いい声で鳴いてくれる。
もうすぐ蚊が湧いてきそうだから、
金魚君には頑張って欲しい。