あれから、ボブ・ディランが授賞をいただくとの報があった。
一件落着となった。
先日、T町の「ほうらい祭り」に行く。
身内が神輿を担ぐ年になったからだ。
わたしも数十年前に金劔宮の神輿を担いだものだ。
氏子が順に担ぐのだが、あまり祭りが好きでないので、
近頃は出かけたことがなかった。
白山の僧兵が都に上がったのは、源平の頃。
その後も、蓮如の子息の実悟が願得寺を金劔宮の横に建てた。
だが、享禄の錯乱で燃やされてしまう。金劔宮もともに。
古い歴史を持ったT町でもある。
金沢の棒術が伝えられて、勇ましい獅子舞がある。
町田半兵衛が教えた術である。
獅子頭も町毎にあり、造り物と一緒に町を練り歩く。
珍しい祭りゆえに、伝統が残る祭りといえよう。
友人から頼まれて、一緒に編集した写真集も仕上がった。
友人はここ十年かけて、明治の記録から、大正、昭和、平成と
写真を各家から提供してもらっていた。
かたちに残さなけねばというので、本造りを手伝った。
本来、行政がしなければならない記録だと思うが、
友人は頑張って仕上げた。写真もモノクロからカラーへ。
およそ千枚。300ページ近いものに。
写真だけでなく、いろんな方に文を書いてもらい良かった。
祭りの変遷を見るにつけ、
戦前から戦後へ。時代と社会の変貌を見せてくれる。
祭りは家族の歴史だと再認識する。

%e9%80%a0%e3%82%8a%e7%89%a9%ef%bc%92

%e5%88%9d%e8%80%81