笹寿司を食う。

いつも金木犀が香り出す頃、獅子が舞う。造り物が動く。

T町の秋祭り、ほうらい祭り。

昔から、秋祭りには炊いたご飯に地元の酢を使い、

笹を二枚使って、木の箱に入れて、一夜だけ重石を乗せて押す。

笹は腐りを防ぎ、毒を遠ざけるらしい。下に鯖や鱒、シイラや大根を敷く。

笹の香りがして、以前なら十個ぐらい食えたのに、

今は三個か、四個食えば、腹がいっぱいになる。

ゼンマイの煮物、ベロベロと呼ぶ寒天。かまぼこ、だし巻き。

鮎の塩焼き、そのほか諸々。

獅子が、造り物が町内の路地を練り歩く。

テレビが出て来た頃は、まだ秋祭りと

大相撲の観戦とそのぐらいが楽しみだった。

もう秋祭りは行かなくなり、今日は友人と本と映画の話をして来た。

同じ趣味の友人が少しづつ少なくなっていく。

笹寿司は、家人が持って来た。金沢では、

某会社が売り出しているが、手作りの笹寿司は

笹と一体になった味が違うと言って良い。

祭りの味がしない笹寿司はどうも

違う寿司のようだ。残念ながら。

それだけ、形だけでは本物に近づくことが出来ないと言うことだろう。

作りもの

写真は造り物。龍。