いしりの貝焼き、知っていますか?
ナスを薄く切って、魚醤のいしりで炊く。能登の名物料理とも
いえる。夏休みに能登にいくと、朝から晩まで、この
ナスのいしりを食べさせられた。貝焼きというのは、
帆立の大きな貝殻にのせて焼くから。
鰯と烏賊のいしりがあるが、烏賊の方が美味しい。
魚や烏賊の腸からつくる、古代の醤油らしい。
よくぞ、能登に残っていた食文化だと思う。
発酵食品ゆえに躰にいいらしいが、塩がややきつい。
ナスのいしりさえあればご飯が何杯も食べられる。
ので、殿様は「百姓のいしりを食うのはまかりならぬ」
と言われたとか。実に素朴な、簡単な料理。
いや、料理とさえもいえない代物だが。
ナスの他にジャガイモや薄切りした大根(写真)を炊いたり、
刺身醤油に使うこともあるらしい。
新しいナスや大根が手に入ると、急に食いたくなるから不思議だ。
これも…小生が能登のDNAを持つしわざであろうか。